秋津島浪右衛門供養塔

みどころ

秋津島浪右衛門供養塔

秋津島浪右衛門供養塔

下妻郡久郎原村(現在の筑後市津島東)出身の力士・秋津島浪右衛門(あきつしまなみえもん、1697~1743)の供養塔です。
秋津島は19才の時に江戸に上がり、27年間現役力士として活躍し、通算二千数百の勝ち星をあげたその強さは天下第一と称されました。
その供養塔は、文政年間(1818~1830)に秋津島供養の相撲大会の観覧者から寄付金が集められ、福島町(現八女市)出身の小結・揚羽空右衛門によって建てられたものとされており、名横綱の初代若乃花、柏戸、大鵬も地方巡業の際に立ち寄り参拝した名所となっています。

筑後市津島


こちらもおすすめ

筑後船小屋駅

筑後船小屋駅

九州芸文館

九州芸文館

川の駅船小屋 恋ぼたる

川の駅船小屋 恋ぼたる

筑後七国の旅 書道家タレント 原愛梨 インバウンドタレント ねんど大介 観光物産展情報@HAWKSベースボールパーク筑後 HAWKSベースボールパーク筑後  周辺お散歩&ドライブ 体感七国 なないろのくにの花ごよみ 筑後七国のおいしい和菓子 なないろのくにで酒蔵を旅する 筑後七国ならではのお酒にあうおつまみ なないろの『くに』と出逢う ここでしかできない体験 特集 筑後七国の手みやげ 動画で観る筑後七国 筑後七国百物語 筑後七国よかとこ巡り旅 Facebook 筑後七国よかとこ巡り旅 Twitter
PAGETOP
Copyright © 筑後七国よかとこ巡り旅 All Rights Reserved.