八女提灯

伝統産業

八女提灯

八女提灯

全国一の生産量を誇る八女提灯は、文化13年(1813)頃、福島町の荒巻文右衛門が「場提灯」という素朴で簡単な絵を描いたものをつくったことが始まりとされています。その後改良され、薄紙の八女手すき和紙を使って内部を透かし、花鳥や山水などを描いた涼み提灯として名声を博しました。大正時代以降は八女提灯独特の盆提灯が主流となり、現在では祭礼用や宣伝用の提灯等も生産されています。国指定の伝統的工芸品です。

観光物産展情報@HAWKSベースボールパーク筑後 HAWKSベースボールパーク筑後  周辺お散歩&ドライブ なないろのくにで酒蔵を旅する 筑後七国ならではのお酒にあうおつまみ なないろの『くに』と出逢う ここでしかできない体験 特集 筑後七国の手みやげ 筑後七国百物語 筑後七国よかとこ巡り旅 Facebook 筑後七国よかとこ巡り旅 Twitter
PAGETOP
Copyright © 筑後七国よかとこ巡り旅 All Rights Reserved.