柳川藩主立花家別邸 御花

みどころ

柳川藩主立花家別邸 御花

柳川藩主立花家別邸 御花

江戸時代に旧柳川(柳河)藩主立花家の別邸として建造。敷地内にある日本三景・松島の景観を模した庭園「松濤園」は、約280本のクロマツ、1500個の庭石、14基の石灯籠からなる池泉鑑賞式庭園で、昭和53(1978)年に国指定名勝となりました。さらに、「松濤園」を臨む100畳の「大広間」、立花伯爵家の迎賓館として建てられた鹿鳴館様式の流れをくむ木造二階建ての「西洋館」、立花家の歴史を伝える所蔵品が展示されている「立花家資料館(殿の倉)」があります。見学だけでなく、名勝庭園が眺められる料亭旅館「松濤館」での宿泊も人気です。入園料は一般500円、高校生300円、小中学生200円。

柳川市新外町1

柳川藩主立花家別邸 御花

HAWKSベースボールパーク筑後  周辺お散歩&ドライブ なないろの『くに』と出逢う ここでしかできない体験 筑後七国百物語 特集 筑後七国の手みやげ 筑後七国よかとこ巡り旅 Facebook 筑後七国よかとこ巡り旅 Twitter
PAGETOP
Copyright © 筑後七国よかとこ巡り旅 All Rights Reserved.