男ノ子焼

伝統産業

男ノ子焼

男ノ子焼

男ノ子焼は筑後史上、最も古いとされる窯です。約400年前、柳川藩主・立花宗茂が朝鮮半島から連れ帰った陶工により始められ、以後80年間、柳川藩主の御用窯として栄えましたが、熊本県の小岱山の麓に窯を移したため、途絶えたと伝えられています。その男ノ子焼の再興を目的に「男ノ子焼の里」が建設されました。陶芸作家を招致し、男ノ子焼を再興するとともに、男ノ子焼陶器の展示販売などが行われています。

HAWKSベースボールパーク筑後  周辺お散歩&ドライブ なないろのくにで酒蔵を旅する 筑後七国ならではのお酒にあうおつまみ なないろの『くに』と出逢う ここでしかできない体験 特集 筑後七国の手みやげ 筑後七国百物語 筑後七国よかとこ巡り旅 Facebook 筑後七国よかとこ巡り旅 Twitter
PAGETOP
Copyright © 筑後七国よかとこ巡り旅 All Rights Reserved.