星野焼

伝統産業

星野焼

星野焼

江戸時代に久留米藩の御用窯として隆盛を極めた星野焼は、お茶の産地という土地柄、茶壷や茶具などの名品が数多く生み出されました。明治27年(1894)に廃窯し、以降80年、空白の時が流れていましたが、昭和44年(1969)、当時小石原で陶工をしていた山本源太氏が星野焼を復興させるため開窯。星野焼は見事に復活し、さらなる進化をとげています。現在は、星野を代表する美術工芸として高く評価されています。

観光物産展情報@HAWKSベースボールパーク筑後 HAWKSベースボールパーク筑後  周辺お散歩&ドライブ なないろのくにで酒蔵を旅する 筑後七国ならではのお酒にあうおつまみ なないろの『くに』と出逢う ここでしかできない体験 特集 筑後七国の手みやげ 筑後七国百物語 筑後七国よかとこ巡り旅 Facebook 筑後七国よかとこ巡り旅 Twitter
PAGETOP
Copyright © 筑後七国よかとこ巡り旅 All Rights Reserved.